㉗還暦!!

東日本大震災で被災し、避難所で3ヶ月、仮設住宅で3年間暮らしたお寺の和尚が、奇跡の一本松や巨大なベルトコンベアで全国に知られることとなった故郷、岩手県陸前高田市のことを書いていきます。フレンチブルドッグのハナさんは震災でかつての愛犬を亡くした和尚のために、妻と娘たちが連れてきてくれた新しい相棒です

還暦!!

還暦を迎えました。

本人はいつもと同じ

誕生日のつもりで、

大きく気持ちの変化はないですが

(なにかあるべきか?)、

周りが還暦ということで

特別に接してくれるので、

意識はしてしまいます。

私の父親は

平成3年に亡くなっているのですが、

その時の年齢は

60歳と60日でした。

誕生日は入院先の病院の

ベットの上でむかえました。

亡くなる2日前には

私に3人目の子どもで

長女が生まれました。

とても穏やかで

立派な最期だったと思います。

本人の思いは分からないけど

体は痛かったはずなのに

あまり表に出さず、

普段は気難しい父だったけど

入院してからは

家族の言うこともよく聞いて

面倒をかけず、

自分でも病気のことを

なんとなく悟ったのか

お袈裟と数珠を持ってきてくれと言い、

隣りの病室に聞こえるからと、

小さな声で

南無阿弥陀仏と

となえていたことを思い出す。

そんな父親の亡くなった年齢、

60歳と60日は

自分が超えなければならぬと

目標を立ててきた。

特に体調も悪いところはなく

余程のことがなければ

超えることができそうである。

 

父親の同級生が

自分の還暦の祝い時に、

わが浄土寺で

同級生物故者の

法要をすると決めていて、

父がその物故者の法要の導師をつとめ、

私が維那(いな〈鉦叩き〉)を

するはずであったが、

私の父は既に他界。

私が導師をして、

自分の父親を含む

物故者の名前を

読み上げることになるとは

思いもよらぬことであった。

涙での法要であったことを

懐かしく思い出す。

 

そんな還暦を迎える

10月になって

息子娘たちが誕生日前に

お祝いをしてくれた。

新潟に行く用事があり、

子どもたちがいる

東京経由で行く事になっていて

言われるままに

1日早く出て行くことにしていたが、

急な仕事で出発が遅れ、

ギリギリの到着となったが、

大好きな肉での誕生会であった。

普段はほとん酒を飲まない息子も娘も

ビールやカクテルを飲んで

お祝いしてくれた。

息子からは

40年前のデットストックの赤いバンダナ、

娘たちからは赤系のシャツと

還暦らしく

赤いもののプレゼントであった。

実は当日、

私の下着は

赤黒の

バッファローブレイドだった。

変なところで

還暦の赤色を意識していた。

280グラムもある

葉山牛のステーキを食べ

気持ちよく酔った夜であった。

妻とは温泉に行き

お祝いしてもらい、

京都にいる息子からは

ペアの選べる宿泊ギフトが届いた。

これから迎える

結婚記念日に使おうと思う。

金沢にいる

大学時代の友人のお寺では

代々続いている

赤いチャンチャンコがあるそうで、

写真が送られてきた。

真似をするわけではないが、

震災で何もなくなった

我が寺でも

代々続けて行けるように

チャンチャンコと帽子を

仕立ててもらうよう

呉服屋に依頼した。

赤い座布団は自分で用意しよう。

まだできてはいないが

私の次に着るのは、

先日お祝いの会を開いてくれた

息子になるであろう。

妻からは

来年着られるようにと

浴衣用の反物と帯と

赤系のキーホルダーを貰った。

浴衣は今日連絡が来て、

10日程で仕上がると連絡が来た。

今までにない誕生日である。

 

当地方では

卒業した学校単位で

還暦を祝う会をする。

地元にいる同級生で集まり、

日程や宿泊場所の選定案内など、

月に一度、

準備会という名の

飲み会も楽しみであった。

祝う会も前祝いも終わり、

後祝いという名の

来年の集まりが楽しみだ。

還暦はいいな。

菅原瑞秋(すがわら・みずあき)、1958年生まれ。岩手県陸前高田市にある浄土寺の住職。以前は併設の幼稚園で園長も務めていたが、東日本大震災で寺は大規模半壊、園舎は跡形もなく流され現在休園中。奇跡的に家族の中には犠牲者が無かったが、愛犬一匹を失い、自身も避難所で3カ月、仮設住宅で3年間の生活を余儀なくされた。最大規模の被災地にある寺の住職として、犠牲者の魂や遺族たちの心を支え続けている。現在は妻と震災後にやってきたフレンチブルドッグのハナちゃんと生活。3人の子どもたちは成人し、それぞれ東京などで暮らしている。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA